必要な費用を調べよう

最低でも動画を作るためには、何があれば良いのか知ってください。 その上で、足りない機材を購入しましょう。 何も持っていない人は、機材を購入するだけでかなりの出費になることが考えられます。 しかし無料のソフトを使うなど、工夫できることもたくさんあります。

何があれば良いのか

カメラや音響設備などの機材がないと、動画を作成できません。
全ての機材を購入すると、50万円近い金額になることが考えられます。
あまり予算がないなら、普段使っているスマートフォンで撮影すると良いですね。
さらに動画を編集するためのソフトも必要ですが、無料で使えるものがあります。
あとはフリー素材の音楽を編集で追加することで、クオリティーの高い動画を作れるでしょう。

場所を借りるための費用も忘れないでください。
レンタルスペースなら1000円程度で済みますが、大きなスタジオだったり、道路で撮影したりする場合は支払う費用が高くなります。
また他人が所有している土地で、無断で撮影することは絶対にしないでください。
許可を申請し、受理されてから撮影を始めてください。
撮影におすすめの場所を検索すると、たくさん出てきます。
他の人や実際に使ったことがある人の意見を聞きながら、場所を選びましょう。

たくさんの人に協力を求める場合は、人件費が発生する可能性があります。
みんなが自主的に手伝ってくれるなら良いですが、それでも感謝の気持ちを忘れないで動画制作に励みましょう。
あまり予算を掛けられない場合は、人件費を削減するのが良い方法です。
ソフトや機材が揃っていれば、1人でも動画を作成することはできます。
事前に動画を作る上でのコツや、みんなに見てもらうためのポイントを勉強しましょう。
何個も動画を作るとソフトの使い方を理解し、クオリティーを高められます。

自宅以外で撮影する場合

次に、どこで撮影するのか考えてください。 自宅に空きスペースがない場合は、レンタルスペースなどを借りるのが良い方法です。 綺麗な場所で撮影した方が、見栄えが良い動画になります。 しかし場所を借りる場合は料金が発生しますし、公共の場所で撮影するなら許可を取りましょう。

大掛かりな動画を作成する

自分1人で動画を撮影するのが難しかったら、誰かに協力してもらうのがおすすめです。 特に専門家に任せるとクオリティーの高い動画を簡単に作れますが、人件費が発生することを忘れないでください。 予算が少ない人は、できるだけ1人で動画作成を進めましょう。